幸せになる勇気を探す。

もう少しで30歳。仕事の出来なさに焦り、結婚はおろか恋人もできない状態に焦り。自分らしく生きることを考える。

自分が一番自分の気持ちを殺してた。

どうやら、そのようです。

 

好きな人との関係性について悩んでいる今日この頃。

また、逃げに走ろうとしていて友達に叱咤された。

 

好きな気持ち、大切にして。

彼女がいる人だとしても好きな気持ちはかわらないでしょ?と。

 

 

 

 

その人とは2人で食事したり

車を走らせてドライブしたり

季節の観光スポットに出かけたり

はたまた我が家でお酒を飲みそのまま泊まって行ったり。(基本的に添い寝)

 

相手に彼女がいなけりゃ

付き合ってるのとほとんど変わらない状態で。

 

一緒にいて楽しくて飾らずにいられる関係。

 

ただの友達かもしれない。

都合のいい女かもしれない…

 

 

 

でも、今までのゲス野郎達とは違う気がするのです。

 

ヤりたい時にやれればいい、

セックスできればそれでいい、

彼女以外の性欲のはけ口。

そんな感覚はないのです。

 

きっと過去のゲス野郎たちは

私の弱さとか流されやすさを感じ取ってうまくそれに乗っていたんだと思うし

まともなデートっぽいものもなく、

車でラブホ直行だったり

我が家に押しかけてきたり。

基本、2人で会うのは夜だったなぁ。

 

こうやって書いてみるとひどいな笑

 

私にも反省すべき点はあります。

でも、体を求められることが自分の存在価値を唯一感じられる時だった。

女として認められている気がしていた。

自己肯定感が低いのね。

 

だからこそ、今の関係は終わらせたいと、

2人きりでは会わない宣言しようと思い、

私自身が変わりたいと思っていたのですが。

 

決意をしてから、たまたま会わない期間が続いたら、わざわざ宣言しなくても良いような気がしてきて…

 

でも、久しぶりに会ったらやっぱり混乱して。

違和感。

 

そして、タイトルと冒頭に戻ります。

 

宣言をすることは、

自分が傷つく結果が待っている可能性が高くて、やっぱり傷つきたくなくて。

 

なかば無意識?に自分の気持ちを書き換えようとしていたのでしょう。

 

きっと今までの恋愛もそれで、結局肝心なところで逃げてきたのかもしれません。

 

結果、自分が好きだと思っている気持ちに蓋をして、嘘をついて、苦しくなって…心の底では傷ついてる。

でも、表面上傷つく出来事は起こっていないからへらへらして、気持ちを押し殺していたんだなぁ、

と、ようやく気付いたのでした。

 

彼女がいると知っていながら、

何度も関係を持つことは、

一般的に褒められたものでもないし、嫌悪感を持つ人も多いはず。

 

でも、その事実じゃなくて

私の心は相手が好きだったの。

 

事実と気持ちは、分けて考える。

事実と一緒に気持ちまで否定してたからずっとわだかまりとして残っていたし、辛さが後を引いてたのかなぁ。

 

過去のゲス野郎とは、

会った後、ほとんど必ず悲しくなっていたけど。

 

今の相手とは、

会った後、不思議とうまくいくような気がしてしまうんだよね。

恋に恋してるなかなぁ…

 

 

さあ、どのタイミングで宣言しようか。

 

 

*藍*