幸せになる勇気を探す。

もう少しで30歳。仕事の出来なさに焦り、結婚はおろか恋人もできない状態に焦り。自分らしく生きることを考える。

フラッシュバック?

前の職場で。

 

私は心を病んでしまいました。

 

ペアを組んだ先輩と合わなかったのが大きな理由。

新年度、全く異なる場所からの異動だった先輩の支えにならねばと思いながら、それまでペアを組んだ大先輩との差を作ってはいけないという焦りもあって、とにかく必死だったある日。

 

「あなた、変よ?」

 

おそらく疲れていたのでしょう。

でも、その言葉に悲しくなって。

なんとかこれまでどおり仕事を回すために頑張っているのに、変と言われてしまったこと。

 

それまで、大先輩からはたくさん指導していただいて、私の要領の悪さと相まってとても厳しかったし、辛かったけど、とても勉強になった。

確かに、毎日指導されている最中に涙が止まらなかったり、泣いていない日の方が少なかったけど。

 

 

新しい人間関係に、四苦八苦して、仕事もミスを増やさないように気を張って。

そりゃ、疲れます。

 

これまでの経緯を伝えようと思っても上手く伝わらないことも多かったので、しだいにイライラが止まらなくなり、態度に出てしまうし、相手も上手くいかないことに腹を立てているのがわかったし、苦痛の毎日。

すでに、心療内科へ通い安定剤などを飲みながら仕事に行ってました。

 

 

前年度のやり方から大きく変えることは、リスクが大きいと感じて、何かを提案しても、理解できない理由で却下され。

 

そんなことが積み上がっていきました。

 

何か言えば言うほど、「あなたはどうせやりたくないんでしょ」なんて言葉を投げられたり、

あまりにも噛み合わない日々が続いていたので、話し合いたいと提案したら、忙しいから無理だと拒否されて心が折れた。

 

それでも、毎日お互い敵意のある態度や言葉を交わしながらもギリギリのラインでやっていて、私は随分前から上司にも相談していたので、対策を取っていただいていたものの。

 

や私が発狂?してしまい、結果ドクターストップにより休むことになったのでした。

 

 

まあ、もっと沢山の出来事があったけどね。

辛かった。苦しかった。

私にも反省点はあるにせよ、何か相談や確認をすればその都度棘のある言葉が飛んで来る。

 

冷静に、上司や医者に状況を話そうとしても、意思とは反して涙が止まらないことはしょっちゅうで。

 

そんな状況だったので、復帰と同時には異動させていただいて、今の環境にも慣れて落ち着いてきたと思っていたのですが。

 

前の所属でお世話になった方々も沢山いて、影ながら支えてくださっていたのに、ご挨拶ができなかったことがずっと心残りで。

 

そのうちの1人と、たまたまお会いすることがあったので、お礼などをお伝えして、近況をお伺いしたところで。

 

 

落ち着いていたと思っていたけど、ふと友達と話していた時にやっぱりあの時の辛かった気持ちが蘇ってきて、

今の仕事のストレスやプライベートの不安が重なってこの1週間、食欲不振におかしな睡眠リズムで不調。

毎晩泣いて朝は目がぱんぱん。

急ぎたい仕事もある反面集中もできなくて辛かった。

 

私の考え方、捉え方の影響もあるはずなので、上手に付き合っていく他ないものの、しんどい…

 

また、いつこんな状況になるか、怖いです。

 

 

 

*藍*